彼氏ができない人に当てはまる「やきもちやき」

男性でも女性でも、関係なく存在する「ヤキモチやき」な人・・・
私自身、その昔付き合っていた彼氏が異常なヤキモチ焼きでした。

出会い系をやっている彼氏や会社の上司や同性にまでヤキモチをやいて、彼には全く関係のない飲み会でもついてきて、駐車場で終わるまで待っていて、飲み会の最中にもしょっちゅう電話をしてきたり、別の男性に笑顔を見せただけで猛烈に怒ったり。
服装のチェックまでされたりしていました。

付き合い始めのころは、今までつきあったこともないそんな彼が新鮮で、こんなにも愛されているからヤキモチを焼かれちゃうんだって思っていましたが、時がたつにつれて、うっとおしく感じるようになり、なんでそんなことでヤキモチを焼くの?といつも喧嘩になっていました。

私自身は、昔から「可愛くない」と言われるほどヤキモチを焼かない性格なので、ヤキモチを焼く人の気持ちがよくわかりません。
でも、男と女、はたまた女同士でも「ヤキモチ」は起こるもの。

ここでは、そんなヤキモチについてお話ししたいと思います。

ヤキモチ焼きの人の特徴

○自分自身に自信がない人が多い
○過去の経験がトラウマになっていることが多い
○依存症の気がある
○一人で何かをするのは嫌いな人が多い
○愛情不足で育った傾向がある

私が考えるヤキモチ焼きの人の特徴は大体、こんな感じでしょうか?

もっと相手を信じればよいのに自分や、二人の関係に自信が持てないためについつい要らぬ心配や不安に襲われてしまうのでしょう。
相手がのびのびしていればしているほど、いつか自分のところからいなくなってしまうのではないかと常に不安に駆られるのかもしれません。
でも、それって一種の「依存症」ではないかと思います。
その人がそばにいなかったら生きていけない、いつも一緒にいないと気が済まない・・・確かにそれほど深い愛情があるからこそ、そう思うのでしょうし、嫉妬もするのでしょう。

でも、一歩間違えると相手のことを「自分の思い通りにならないと嫌だ」という単なる我儘になってしまうと思います。

好きな人には、こうあってほしい、と願う気持ちは誰にでもありますし、できれば自分の理想通りであって欲しいと思うでしょう。

でも、所詮他人なのですから、相手が100%自分の思い通りにはなるわけがないのです。

ヤキモチが激しい人は、その辺を冷静に考えなければいけないかもしれませんね。

携帯チェック、質問責めはNG!

恋人同士、夫婦間でも相手がお風呂に入っているときなどに必ず携帯をチェックする人が意外といるそうですが、
そういうのも良くないと思います。

あと、相手が出かけるときに「どこに、誰と、何時まで?異性はいるのか?」と毎回の質問攻めもNGです。

そういうのをされて、喜ぶ人も稀にいるのかもしれませんが、私はダメです。

そういうことをする人は、相手を信じる・信じていないに関わらず、相手を自分の所有物としか考えていないような気がします。

よく、ヤキモチを焼く人は、焼かない人に対して、「それほど好きじゃないからなんじゃないか」と言いますが、そんなことはないと思います。
相手のことを一人の人間として、きちんと尊重しているのです。

まったく焼かないのも確かにクールすぎるし、特に恋愛関係においては愛情のバロメーターを勘違いされる可能性もありますから、冷めすぎる反応は良くないと思いますが、お互いのことを尊重しあうことが一番大事だと思います。

ただし、実際に本当に疑われても仕方のないことをしていたり、浮気性の相手だったとしたら、そのヤキモチは時として意味のあるものになりますよね。
まあ、浮気だとしたらヤキモチを焼くだけではダメだと思いますが・・・。

とにかく、女同士でも自分の好きな子が誰かほかの子とばかり話して盛り上がっていたり、出かけてたりするとちょっとした嫉妬心が生まれるように、人は誰しも少なからず、ヤキモチは焼かずにはいられない生き物です。

でも、その感情をどうやってコントロールしているか、だと思います。
何事も「しすぎ」は良くありません。
相手にとっても、自分自身の心の健康にとっても。

ヤキモチを焼き過ぎと言われたことのある人は、一度冷静に自分を振り返ってみた方が良いかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ